但東ブログ

農家民泊を、より知っていただくためのイベント
第2回 いなかに泊めよう博覧会が、開催されました。


今年は約●●名の方が参加。
さらに、本年度、但東にやってきた中学生が、
但東での体験をつづった手づくり新聞が100以上届き、
受入れ農家のみなさんを、喜ばせました。


当日は、大池中学校の先生の講演、
子どもの話のなかに、農家民泊が
「楽しかったことランキング 1位」
といったうれしいお言葉をいただいたり、


今年開業した、小谷さんの講演では
「また但東に行きたい」という子どもたちの喜びの声や、

子どもたちが書いてくれた色紙は
「受入れ家庭の宝」という小谷さんのお話は、
まだ受入れをされていないかたがたに、ぜひ伝えたいですね。


そして今年も大賑わいだった「民泊料理の試食」
田中先生に「どうやって作るの?」といった
レシピを聞く声が非常に多く、大反響の一幕でした。


あっという間の2時間半、

新たに喜びを見つけた小谷さんの
「受入れ家庭のネットワークを作ったらどうか?」
というお話には、
今後の農家民泊の発展をになう素晴らしい意見もいただきました。


今年は、5月、6月と、3つの中学校、300名を超える中学生が
但東にやってきます。
次はあなたも、農家民泊を一緒にやってみませんか?

 


 

●第2回 いなかに泊めよう博覧会
日時 3月11日(土) 13:30~16:00
場所 場所 合橋地区公民館(豊岡市但東町出合150)
入場無料

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。