但東ブログ

青い空、緑の大地、
但東の自然を全身で受け止める子どもたち・・・

秋の但東に、白川台中学校の2年生、66人のみなさんがやってきました。
普段、感じることのない、土にふれ、緑にふれ、自然の香りを楽しみます。

農家の知恵、保存食の一つである「干し柿」作りに挑戦!自然とともに暮らす人たちの冬支度、生活の知恵、四季のある日本の原点のような生活について学びます。

こちらでも、四季のある日本の「美」を堪能。ちょうど見ごろを迎えた、安国寺 ドウダンツツジをバックにパチリ!

各家庭、趣向を凝らした体験メニューでお迎え。こちらのお宅では「そば打ち体験」。
石臼でひいたそばを使ってのそば打ち。もちろんそばを挽くのも自分たち。

自分たちの作った、ひきたて・うちたて・ゆがきたて、三たてそばの味は格別!但東バラ寿司も一緒にいただきます。

どちらも、中学生にとっては、特別な味です。

あっという間の1泊2日。田舎暮らしを中学生は初めて体験し喜び、受入れ家庭は、我がまちの良さを再発見する。
そしてお別れの瞬間には、農家民泊の楽しさを、お互いにかみしめます。

東井義男先生のお言葉、
「自分は自分の主人公 世界でただひとりの自分をつくっていく責任者」
この言葉を思い出し、但東を思い出し、自分をつくる責任者としておとなになったら、また、但東に遊びに来てくださいね。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。