但東ブログ

平成28年4月7日(木)、豊岡市役所但東庁舎大会議室にて豊岡市いのちの教育推進協議会の総会が開催され、リスクマネジメント研修が同時開催されました。講師は(有)ピューパ取締役社長の渡邉隆さんです。

今年、3つの中学校の受け入れが決定している豊岡市いのちの教育推進協議会。今年から始めて生徒さんを受け入れるという農家も多数あることから、基本的な安全対策の「心構え」を共有しておこうという試みでした。

160408_risk_02
渡邊さんのお話は農家民泊にありがちな事故事例の簡単な紹介の後“なによりも大切なことは【事故はない】と、最初から決めつけてかかる姿勢が問題であり、【事故は起こるものである】という姿勢のもと、それに備えるべきである”という、まさに「心構え」に関するお話でした。

160408_risk_03
もうちょっと具体的な安全対策を聞きたかった…そんなお声も聞こえましたが、ご安心ください。受入農家の皆さんには後日、くわしい対象をまとめたマニュアルの配布、そして説明会が準備されております。

とはいえ、【事故は起こるものである】という姿勢は大切ですね。体験農業の田畑をいつもよりちょっと丁寧に掃除しておくことが、安全対策につながる。また、「生徒さんが来る」ということを、ご近所さんにあらかじめお知らせしておくということも、リスクを低減させる。

こういった先進地の安全対策について、積極的にとりいれていく必要、ありますね。大変勉強になりました。渡邉さん、ありがとうございました!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。