「いのちの教育を」体験する

豊岡市但東町 農家民泊にかける思い

広い田んぼ、四方の山、穏やかな清流、くらし…田舎の原風景。
兵庫県豊岡市但東町には昔の日本が、エアポケットのように残っております。

こんな暮らしや風景を、田舎を知らない都市の子どもたちに体験してもらい、
なんだったら地元の私たちも、子どもたちから元気をもらおうと考えました。
そして、農家民泊によるまちづくりがはじまりました。

豊岡市但東町、農家民泊にかける思い

開業したい方へ

ステキな但東町を次世代に引き継ぐために、 私たちと一緒に農家民泊をすすめませんか? 一生の宝になる出逢いが待ってます。

利用したい方へ

但東町の農家民泊をぜひとも利用したいという 学校、教育団体を募集しています。 修学旅行、研修などご相談ください。

但東町はこんなところ

兵庫県北部の豊岡市、その東側に位置する但東町は 三方を京都府と接しており、但馬、丹後、丹波の良いところを 残しているのです。

但東町のご紹介

但東町紹介ムービー

但東スケッチ

但東スケッチ

兵庫県朝来市和田山町出身の映像作家、藤原次郎さんによる但東町の美しい四季。2013年公開作品。

チューリップまつり

チューリップまつり

但馬地方に春の訪れを告げる「たんとうチューリップまつり」、毎年約7万人が訪れるビッグイベントとして知られています。

リンク

兵庫県北部の豊岡市。

その東側に位置する但東町は三方を京都府と接しており、兵庫但馬、京都丹後・丹波、それぞれの良いところを残しているのです。

人口は約4千7百人…。ちりめん機業による好況な時代もありましたが、現在は稲作、野菜栽培、チューリップ球根の生産や但馬牛、ブロイラーの飼育など第一次産業が主流となっています。

周囲は山に囲まれ、東西に太田川、南西に出石川が中心部を流れ、それら川に沿って広い田んぼを隔てて42の集落が広がっています。大規模な開発などから逃れたこともあり、昔のままの景色が残りました。

なつかしい“田舎の原風景”、一度確かめにお越しください!